Menu メニュー

浮気の罰を与える方法とは

今後浮気を繰り返さないよう罰を与える

浮気をしたパートナーに罰を与える方法について

考える女性

パートナーが浮気をした際、とても悲しい気持ちになるでしょう。

1回目の浮気であっても、何度か繰り返している常習犯でも悲しくなります。

浮気を今後やめてほしいと考えた際に、浮気による罰を与えようと考えるかもしれません。

私は悲しい気持ちになった、悲しい気持ちであることを理解してほしいと、浮気による罰を与えようと考える方も少なくありません。

罰を与えるのであれば、パートナーが今後浮気を繰り返さないよう徹底して罰を与えましょう。

共通の知り合いにパートナーが浮気した旨を話す

パートナーと自分の共通の知り合いに、パートナーが浮気したことを話す方法があります。

自分とパートナーだけの間でおさめるのではなく、話を広げてしまうのです。

親しい友人や知り合いに、浮気をした旨を知られると後悔する方が多いです。

浮気をするなよ、とからかいながら、声を掛ける知り合いもいるでしょう。

知り合いが軽く声を掛けるだけで、恥ずかしい気持ちになる方や面倒なことになったなどと感じて、もう浮気はしないと決意される方もいます。

また、共通の知り合いに話をすることで支えてもらえるかもしれません。

中には浮気をしたと話をしたことで、辛い思いをしたよねと真剣に声を掛けてくれる人もいます。

浮気しないよう何か方法がないか一緒に考えようなどと、良き相談相手となってくれる可能性があります。

浮気をされたほうは悲しい気持ちになり、1人悶々と悩んでしまうことがあります。

誰かに話を聞いてもらうだけでも、気持ちが楽になります。

お互いの両親に報告する

結婚していて浮気をされた場合、自分の両親とパートナーの両親に話をする方法があります。

パートナーはお互いの実家に帰るたび、もしくはお互いの両親と顔を合わせるたび、肩身の狭い思いをするでしょう。

自身の両親、パートナーの両親それぞれ受け止め方は違うかもしれませんが、関係が気まずくなることもあります。

また信頼を取り戻さなくてはいけないと、浮気をしたことを反省し二度としないと決意される方もいます。

また何かあったときに、自分の両親もパートナーの両親も味方になってくれる可能性があります。

1人で悶々と悩んでいるときこそ、お互いの両親に話をして、浮気による罰を与えてもらいましょう。

スマートフォンなど日々確認する

浮気の罰を与える方法として、パートナーのスマートフォンやタブレットなどを確認する方法があります。

さまざまな方法がありますが、たとえば帰宅したらスマートフォンやタブレットを見せてと言い、浮気相手とやり取りをしていないか確認するのもよいでしょう。

確認をする前に、浮気相手とやり取りした履歴を削除しているかもしれません。

しかし1日の終わりにはチェックが入ると思うと、常に監視されている気分になり浮気を反省する方もいます。

毎日確認のために見られる、何もやましいことはしていないが面倒だと感じて、浮気をしないという選択をする方もいるでしょう。

次浮気をしたら別れると伝える

一旦浮気したことを許しても、次はないと浮気の罰を与える方法があります。

彼氏彼女の関係であれば別れる、婚約者であれば婚約解消、結婚しているのであれば離婚をすると伝えます。

次浮気をしたら別れると伝えることで、次はないと意識して浮気を繰り返さないよう徹底する方がいます。

また浮気をしたことの罪の重さを受け止めるきっかけにもなります。

彼女、彼は本気だと感じることで、浮気を繰り返さずパートナーのことを大切に使用と考え直す方もいます。

浮気をしているときは気分がよかったとしても、浮気がバレて反省する方は多いです。

次はないと強い意志をしめすことが、罰を与えることにつながります。

お問い合わせはこちら
お問合せフリーダイヤル 0120-010-473