Menu メニュー

自分で浮気調査とは?

当探偵興信所は、浮気調査・行動調査などを行います。

自分で浮気調査は違法

イメージフォト01

夫、妻、恋人などのパートナーの言動に不信感が芽生え、浮気をしているのではないかと疑ってしまうというケースは夫婦間においてよくあるケースかもしれません。

その様な時に自分が探偵のようにパートナーに対して尾行や張り込みをしてしまう人もおられます。

気持ちは分からないわけではありませんが、リスクが多すぎます。その理由として下記の2つの理由があります。

①パートナーにばれる

まず「尾行はそんなに難しくない」と間違った認識をしており、実際に尾行をしてみると上手く行くことはまずありえません。

プロの探偵でも尾行や張り込みについては決して1人では調査を行うことはないほど難しいものなのです。

パートナーから顔を知られていない探偵でも見逃さずに気付かれずにずっと尾行していくことはそれなりの経験と技術を要するのです。

しかも尾行、張り込みに素人である貴方自身はパートナーに顔を知られているというリスクもあります。どんなに変装してもおかしな行動になってしまいます。

殆どの人が尾行の難しさに気付き、見逃してしまったり、パートナーに気付かれてしまい、浮気の証拠が得られずに気まずい関係となってしまったという人が多くいるのです。

更にここが重要なのですが、全くの素人である貴方がパートナーを尾行中に浮気の証拠となる写真や動画を隠れて撮影できるのか?と言うことです。

証拠もなしに「私は見た」と言っても誰も証拠としては取り上げません。しかもパートナーには貴方の尾行は完全に気付かれてしまっているでしょう。

このようにパートナーに気付かれてから浮気調査を依頼されて探偵が調査も実施しても、警戒している人物を尾行することは難易度がかなり上がってしまいます。

難易度が上がるということは御依頼者のご負担も高額になってしまうことも多々あります。

探偵調査員の人数を増やしたり、パートナーも警戒して浮気相手と会うのを控えるという行動で調査が長期間に及ぶ事も考えられるのです。

②尾行、張り込みは違法

貴方がパートナーを尾行することに反対する理由がもうひとつあります。

それは「ストーカー規制法に抵触する」可能性があることです。

まず、配偶者を含め第三者に対して尾行や張り込みが認められているのは、警察などの公務関係者以外では新聞、雑誌などの「記者」と届出をしている「探偵」と法律で決められています。

貴方のパートナーが浮気をしている可能性が高いからといって貴方自身が尾行すれば「付きまとい行為」、勤務先や飲食店などで出てくるのを待っている事も「待ち伏せ行為」となってしまうのです。

「そんな馬鹿な話があるか」とお思いになられる人も多いかと思いますが、考えてみて下さい。既婚者である夫や妻がいるとして、貴方自身に当てはめてみて下さい。

貴方は浮気をしていませんがちょっとした言動で浮気を疑われ、貴方の会社の玄関口で隠れて待ち伏せされ、退社後の貴方の行動を調べようと尾行してきたとしたら。

「気持ち悪い」とか「ヤキモチが異常」と思われる方が多いのではないでしょうか。

配偶者でもこうなのですから恋人関係ではなおさらです。

しかも本当に恋人関係というのも疑わしいのです。

実際にストーカーで指導や逮捕された多くは元交際相手や元配偶者が多く、元配偶者の場合には離婚という事実がありますが、元恋人の場合、ストーカーの加害者が元とは思っておらず、まだ恋人関係を継続していると思い込んでいる人も多いのです。

ですから恋人であろうが配偶者であろうが、尾行、張り込みをされた人が被害を訴えた場合にはそれなりの処置が執られ、時には夫婦間であってもストーカー犯罪として最初は指導される人もいるのです。

結果的に貴方の実行した尾行、張り込みが相手にとって嫌がる行為として訴えた場合、十分にストーカー規制法に引っかかると言うことです。

また貴方が気付かなくても張り込んでいたりすると警察などから職務質問された場合、配偶者に伝わる事も十分に考えなくてはなりません。

このように浮気を自分で突き止めようとして失敗する人も少なくありません。

もし貴方のパートナーに浮気の気配を感じたら、探偵事務所に依頼して証拠を押さえることを絶対的にお勧めします。

探偵なら尾行、張り込みをしても違法性は全くありません。

ただし探偵でも、依頼人がなく個人的に尾行、張り込みをしてしまうと処罰の対象となります。

それだけ尾行、張り込みについては違法性が厳しいと言うことを認識されて下さい。

自分で調査する事で貴方が不利になり、慰謝料も請求されてしまうことも十分に考えられるのです。

お問い合わせはこちら
お問合せフリーダイヤル 0120-010-473