Menu メニュー

浮気の償い方とは?

浮気を償う方法はあるのかの疑問に答えます。

浮気・不倫の償い方

イメージフォト01

■浮気を償うことはできるのか

軽い気持ちから浮気をしてしまい、それがバレてしまったら、パートナーは許してくれるでしょうか?

絶対に許さないという人もいるでしょうし、本当に後悔していることを示せば許してくれる人もいるかもしれません。

しかし、相手を裏切り、傷つけてしまったその傷は一生消えることはありません。だから、もし償わなければならないとするなら、一生十字架を背負って償い続けなければなりません。

そうしなければ、恐らく何かあるたびに過去の浮気を持ち出されて、気まずくなってしまうことでしょう。

では、いったいどのようにして償えば良いのでしょうか。

■後悔していることを伝える

まず、浮気したことを心から後悔していることを伝えます。

全てはここから始まります。

もし浮気相手にまだ未練があるということであれば、許してもらうことはできません。

本当によりを戻したいというのであれば、後悔しているということを信じてもらうように、言葉でも態度でも示していくこと、それが償うことに繋がっていくことでしょう。

嘘の言葉を並べてその場を繕うのではなく、真実な言葉と態度で示していくことが大切です。

本当に後悔している、二度と浮気をしないと誓約書を書くことや共通の友人の前で宣言するのも手かもしれません。

そして少なくとも、浮気がバレる前よりも、もっとパートナーを愛する優しい人に変わる必要があります。

自分を変えるというのは簡単なことではありません。

努力が伴うことでしょう。

しかし、これは重要なことです。

はっきりと変わったということがパートナーに伝わらなければ、パートナーは不安です。

その不安が些細なことから争いになってしまう原因ともなりかねません。

■行動で示すこと

愛していると言葉で言っても態度や行動が伴わなければ伝わらないことが多いです。

特に浮気をしてしまったあとは、言葉が全て嘘のように聞こえてしまうものです。

だから、態度と行動で示していくことが肝心です。

たとえば、パートナーが望んでいる人に変わることです。

一緒にいれば二人の考え方の近いや生活習慣の違いからトラブルになることも少なくありません。

そんなとき今までだったら喧嘩になっていたようなことを、相手に合わせ、相手が望むような行動を取るように努力すれば、変わったことを示すことができます。

最初は信じてくれないかもしれませんが、努力し続ければいつかは認めてくれることでしょう。

■気遣ってあげること

次にいつも相手のことを気遣ってあげることが大切です。

浮気されたということは、自分が無視されていたということでもあるので、その逆の態度を示すには気遣っていることを言葉や態度で示す以外にありません。

相手を思いやる優しい言葉や感謝の言葉をかけるようにするだけでも嬉しいはずです。

相手がすることに対して、今までだったら小言を言っていたようなことでも大目に見てあげることも大切です。

自分が気遣ってもらっているというのは、浮気の償いでなくても嬉しいものです。

時々、プレゼントを買ってあげるのも良いでしょう。

浮気していた相手よりも、自分が大切にされているということが伝われば、やがて本当に許してくれる日が来るに違いありません。

■償いは結局二人の円満の秘訣

このような浮気の償いについて考えてみると、恋人や夫婦が円満にやっていく秘訣であることにも気付かされます。

結局のところ、浮気というのはその真逆のことをしているわけです。

もし、このような償いが無理だと感じるなら、そもそも二人が円満にやっていくこと自体難しいのかもしれません。

ただ二人の関係というのは夫婦であれば長い年月をかけて一緒に築き上げていくものですから、慌てることはありません。

ただいつも誠実に生きていくということだけは忘れないようにしたいものです。

お問い合わせはこちら
お問合せフリーダイヤル 0120-010-473