Menu メニュー

結婚詐欺調査なら探偵・興信所 東京

当探偵興信所は、結婚詐欺調査を行います。

結婚詐欺

イメージフォト01
結婚詐欺の手口は、相手が恋愛に夢中になっていることにつけこみ、巧みな言葉で金品を要求してくるケースがほとんどです。

結婚詐欺ではないかと不安な出来事が幾つか考えられるようでしたら、対象者に対し身上、身元、尾行調査などで生活実態の真実を見極めることが必要です。

「親が病気…」「借金の保証人になってしまった…」「新しい事業を始める資金…」と結婚詐欺師は様々な言葉で詐取を重ねてきます。

将来結婚を夢見ている相手がまさか結婚詐欺だなんて考えたくもないことですが、結婚詐欺問題は近年社会現象となっております。

結婚詐欺というのは、金品を奪うことだけには治まらず精神的に非常にダメージを与えられてしまいます。

結婚詐欺に遭われた方は身内にもなかなか相談しにくいことですが、真実を知ることは大切なことです。

結婚詐欺についてのご不安やご心配をお持ちの方は当社にお電話かメールでご相談ください。
結婚詐欺問題に詳しい専門の相談員が親身にお話を伺いアドバイスをさせて頂きます。

結婚詐欺か?判断に迷う交際

結婚詐欺と認識させない結婚詐欺が実在します。

恋愛関係にある男女が交際中に相手からお金を複数回借り返済する気が全く無いまま別れてしまう状況が横行しているのです。

多くの被害者は女性であり「結婚を意識した年齢の女性をターゲットとして交際を申し込み親しくなる事が多くの場合の手口となっています。

年上の女性で社会的にも自立している人物の母性に付け入り「複数回に渡り借金をする」のです。

一度に借りる金額が数万円のため「貸した総額の認識が薄いまま交際が終わる」ことが共通した被害のかたちと言えるようです。

このような女性の心理を利用した悪意の交際には十分な注意が必要であり、借金を返済する意識が無いことが理解できた時点で「借用書」をとり「借金の総額を認識」させた上で交際を継続するかの判断が必要と考えるのです。

バツイチ女性やシングルマザーはターゲット

結婚詐欺を語るうえで昨今の傾向を知ることは有意義でしょう。

どのような境遇な人物が結婚詐欺に狙われやすいのか?どのような手口を装って詐欺師が接近してくるのか?少しお話ししましょう。

離婚率が上昇している現代日本は子供を持つ独身女性が多く存在する社会とも言い換えることができます。

社会的に自立したシングルマザーの認知等がそのような状況の象徴と言えることでしょう。

そして、出来ることならば「もう一度、幸せな結婚生活を」と考えている人物は多く存在しているのです。

この心理に悪意を持って接近する人物が昨今の結婚詐欺師と言えるのです。

皆さんがお持ちの結婚詐欺のイメージと現代に横行している結婚詐欺は少々異なると言えるでしょう。

そもそもバツイチ女性は生活水準が低くお金をもっているイメージをお持ちでない方が多いのではないのでしょうか?

しかし、現実にはそのようなことはなく「子供のために貯蓄している」や「ある程度の貯蓄を持って生活している」人物が多いと言えるのです。

結婚詐欺師の多くは「貯蓄を騙し取る目的」で接近し、幸せな将来を約束しお金をだまし取ろうとしているのです。

お問い合わせはこちら
お問合せフリーダイヤル 0120-010-473