Menu メニュー

家出調査なら探偵・興信所 東京

当探偵興信所は、家出調査などを行います。

家出調査

イメージフォト01
■当探偵社の家出調査

「家出調査」とは、文字通り配偶者や子供・両親など同居人が家出をしてしまった場合、探し出して発見することです。
例えば、ご両親と同居していた成人の娘さんがある日突然置き手紙をして家出しました。置き手紙には「ちゃんと生活していくので心配しないでください」との一文が・・・
娘さんがもういい大人だとしても、家出して連絡もとれずどこで何をしているか全くわからなければ、ご家族としては非常に心配されることでしょう。
また、夫が突然、家に帰ってこなくなり、連絡もとれず、夫の勤務先に聞いたら仕事を辞めていた、などということにでもなれば、奥様は途方に暮れてしまうに違いありません。

例)
夫の家出
妻の家出
子供の家出
息子の家出
娘の家出
祖父の家出
祖母の家出
恋人の家出
親族の家出 など

このような場合に、居場所を知りたい、無事を確認したい、探し出して欲しい、という御依頼者様の気持ちにお応えできるのが探偵の家出調査です。
昨今、掲示板や出会い系サイトなどを始めとしたインターネット情報の影響もあり、未成年でも特に若い中高生が犯罪に巻き込まれるケースがずいぶん多くなってきています。未成熟な子供の家出には多くの危険が存在します。
精神疾患を持つ方の家出の場合は自殺の恐れや事故に遭う恐れなどもあります。一刻も早く見つけなければ最悪のケースも想定されます。当探偵社の家出調査ではこのように発見に急を要するご依頼も承っております。

また、親族や知人、交際相手などが失踪して行方が知れないので探して欲しい、というようなケースも当探偵社の家出調査の対象に該当致します。
家出調査は、対象者が家を出た原因やお持ちの情報量によって、発見の難易度が異なることがあります。両親への反抗・交友関係などが原因の子供の家出調査や配偶者との夫婦関係のもつれによる家出調査はかなりの高い割合で特定、発見に至っております。

当探偵社では家出調査のご相談は無料で行っております。ご相談をご希望される方はまず、家出に至るまでの経緯や状況などを詳しくご説明下さい。
会って話し合いをしたい、無事にちゃんと生活しているのがわかれば今はそれでいい、など、御依頼者様によって家出人・失踪人発見後の考え方は様々にありますので、私たち探偵は原則としてご家庭の事情に口を出すことは致しておりません。
大切なのはまず家出人・失踪人を発見することだと考えております。当探偵社は真摯にご相談に対応いたします。

※家出調査において、対象者がDVの被害者やストーカー行為の被害者であるなど、探偵業法違反に該当もしくは犯罪行為に係わる場合はご依頼をお断りさせていただいております。また、家出・所在調査により、対象者が「施設の保護下」にあると判明した場合は結果をご報告できませんので御了承下さい。


■未成年の家出や行方不明

所在不明者が行方をくらまし探偵が家出人を探し所在判明に関わる手順について少しお話ししたいと思います。

ある日、突然にあなたの周囲の人物が行方不明となります。

その人物が未成年の学生であった場合には「友人や知人を頼った家出を実施する可能性が否定できません」。
また異性と同じ趣味を持ち意気投合し家出を実行するケースなども特別珍しいとは言えない状況と言えるのです。

このような未成年の家出は年々相談件数が増加傾向にあります。

経済的に余裕がある家庭の人物が家出をした場合には探偵が実施する「所在調査の方向性」が異なります。

お金をもった人物が選択する行動は選択肢が幅広く「好みにより衣食住に大きな差」が生じると言えるのです。

家出した人物が過去、日常的に両親と高級シティーホテルを利用していた人物であったならば年齢に関係なく「捜索範囲にシティーホテルからネットカフェまで幅が生じる」と言えるのです。

家出人や行方不明者のごく普通の行動パターンを理解し「過去に経験した行動」を探偵が認識することによって家出人の所在判明率は大きく違いが現れるといえるのです。

家出人がもっている感覚の情報を両親から探偵が得る事が家出人捜索に最重要ポイントであると認識できることでしょう。
逆にこのような重要情報を欲しない探偵に家出人探しの依頼を任せることは危険と判断できるのです。


■増加する所在調査の理由

所在調査のニーズは増加傾向にあります。
特にリーマンショック以降の不景気からの影響により個人・法人に限らず「金銭の貸し借りに関わる所在不明」に関わる調査案件が多く実在する現状にあると言えます。

金銭の貸し借りをして居住先や勤務先が不明となった人物を調査し「現在の居住先住所」をご報告するのです。

このような所在調査の場合には以前の勤務先から得られる情報も大切ですが一番重要な所在判明につながるキーポイントは「正確なフルネームと生年月日・正確な前住所」となります。

探偵が実施する調査の多くは蓄積された自社データをベースに調査対象者を絞り込む作業が基本にあるため「複数の同姓同名人物を判別」しなければなりません。

生年月日が本人特定の確認に必要な情報である理由が理解していただけることでしょう。

より正確な調査を実施したいと考えている優良な探偵ならば「所在判明に必要な情報」は必ず相談時点でお伺いするのです。


お問い合わせはこちら
お問合せフリーダイヤル 0120-010-473